ブログ

業者選びで失敗しない方法を紹介!

「注文住宅を建てたいな」
「でもどの業者に依頼したらよいのだろう」
近頃、注文住宅を建てたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
でも多くの業者が存在するため、どの業者に依頼したら良いのかわかりませんよね。
この記事では、注文住宅の業者選びで失敗しない方法を紹介します。

□業者選びに失敗するとどうなるの?

住宅を建てるには大きな費用がかかるため、きちんとした業者に依頼したいですよね。
では、業者選びに失敗するとどのようなことが起こるでしょうか。
例えば、知名度の高さだけで業者を選ぶと後悔することがあります。
知名度の高い業者ほど広告費に多くお金をかけているため、建築費に広告費の分が上乗せされ割高になることがあります。
他の業者と比べずに知名度だけで選んでしまうと、後から「もっと安く建てられたのに」と後悔するかもしれません。

□業者選びのポイント

注文住宅の業者選びで失敗しないためには、どのように業者を選んだらよいのでしょうか。
注文住宅の業者を選ぶポイントは、「工法」「構造」「デザイン性」「費用」の4つがあります。

*工法

工法とは、家の骨組みをつくる方法のことです。
工法によって、骨組みの材料や骨組みの仕組みが異なります。
工法には主に、木造軸組工法、ツーバイフォー、プレハブ工法、重量鉄骨造、鉄筋コンクリート造、ログハウスの6種類があります。
日本の住宅は、木造軸組工法で建てられているものが多いです。
ご自身の希望の工法を決め、その工法で建てられる業者を選びましょう。

*構造

構造とは、基礎工事と耐震性や耐火性などの部分のことです。
例えば、雪が多く降る場所なら雪の重量に耐えられる構造、台風が多く来る場所なら強風にも耐えられる構造が重視されます。
住宅を建てるには非常に大きな費用がかかるため、長く住める住宅にしたいですよね。
ご自身の住宅に必要な構造を考え、その構造で建てられる業者を選びましょう。

*デザイン性

住宅を建てる際、デザイン性にこだわる方も多いと思います。
これから一生住む家ですからおしゃれなものにしたいですよね。
ご自身の希望に沿ったデザインの住宅を建てられる業者を選びましょう。

*費用

住宅を建てるには多額の費用がかかるため、なるべく費用を抑えたいですよね。
でも初めて住宅を建てる方にとっては、どのくらいが相場なのかもわからないと思います。
1つの業者に見積もりを依頼しても、それが高いのか安いのか判断できません。
そのため、複数の業者から相見積もりを取るようにしましょう。
それぞれの見積もりを比較して、納得できる価格の業者を選んでください。

□まとめ

以上、注文住宅の業者選びで失敗しない方法を紹介しました。
4つのポイントをおさえて、後悔しないよう慎重に業者を選びましょう。
当社では、お客様に満足していただける住宅づくりをご提案しています。
ぜひ一度ご相談ください。

ページトップへ