ブログ

塗り壁の特徴を解説します!

「そろそろ家を建てようかな」
「外壁ってどんな種類を選んだら良いのだろう」
近頃、注文住宅を建てたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
注文住宅の外壁には多くの選択肢があります。
そのため、どんな外壁を選んだらよいのかわかりませんよね。
この記事では、外壁の一種である塗り壁の特徴を紹介します。

□塗り壁とは?

塗り壁とは、下地の上に土などの素材を何層にも塗って仕上げた壁のことです。
シンプルでありながら独特の風合いを持ち合わせています。
職人が手作業で行うため、あらゆる仕上げ方にすることができ、色の選択肢も豊富です。
また、タイルやレンガと組み合わせることもできます。
昔ながらの外壁ですが、近年再び注目されている外壁です。

□塗り壁のメリット

塗り壁には以下のようなメリットがあります。

*柔軟に対応できる

塗り壁なら、複雑な形状をしている家でもその形に合わせることができ、継ぎ目もなく仕上げられるのでオススメです。
職人が一から手作業で作るため、様々な場面で柔軟に対応することができるという特徴があります。

*住宅への負担が小さい

タイルやサイディングの場合、材料が重いため住宅にとって負担となります。
一方、塗り壁は重くないため、住宅への負担を小さくすることができます。

*完成度が高い

タイルやサイディングの場合、材料自体が丈夫でも、目地の部分が弱いためそこから劣化してしまうことがあります。
そのため、定期的にメンテナンスをしなければなりません。
一方、塗り壁はその住宅にあった外壁を職人が一から作ってくれるため、完成度が高く劣化しにくいという特徴があります。

□塗り壁のデメリット

塗り壁には、以下のようなデメリットがあります。

*工期が長い

壁材が乾燥して硬くなるまでに時間がかかるため、工期が長くかかります。

*汚れやすい

汚れが目立ちやすく、ひび割れもできやすいという欠点もあります。
伸縮性のない素材を使うことが多いため、ひびが入りやすいです。
しかし、近年は伸縮性のある素材が用いられるようになったため、ひびは入りにくくなっています。

*費用がかかる

職人による手作業となるため、他の外壁に比べ費用が高くなってしまいます。

□まとめ

以上、塗り壁の特徴を紹介しました。
塗り壁は優れた外壁の一つです。
これから注文住宅を建てる方は一度検討してみてはいかがでしょうか。
当社では、お客様に満足していただける住宅づくりをご提案しています。
ぜひ一度ご相談ください。

ページトップへ