ブログ

予算のプランの立て方を解説します!

「そろそろ家を建てようかな」 
「でも予算の計画ってどうやって立てたらよいのだろう」
近頃、注文住宅を建てたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
注文住宅を建てるには多額の費用がかかります。
でもどうやって予算を立てたらよいのかわかりませんよね。
この記事では、注文住宅の予算計画の立て方を紹介します。

□どんな費用がかかるの?

注文住宅を建てるには様々な費用がかかります。
では、具体的にどのような費用がかかるのかをこれからご説明します。

*土地の購入費用

注文住宅の費用の多くを占めるのが、土地の購入費用です。
土地の値段は地域によって異なりますが、都市部などでは特に高額になります。
すでに土地を所有している場合、購入費用は必要ありません。
しかし、地盤が弱かったり整備がされていなかったりすると、土地を改良するための費用が必要になることがあります。

*住宅の建築費用

住宅の建築にも大きな費用がかかります。
依頼する業者によって、建築費用は異なります。
大手ハウスメーカー、中小建築会社、工務店など様々な選択肢があります。
多くの場合、大手の方が建築費用は高くなりがちです。
また、人気の業者に依頼する場合も費用が高くなることが多いです。

*諸手続きの費用

住宅を建てる際には、土地や建物の所有者を明確にするために登記を行います。
この手続きにともない、登録免許税、司法書士報酬、その他実費の費用がかかります。
この費用も予算に入れるのを忘れないようにしましょう。

□予算の立て方

注文住宅の予算は建築費が中心となります。
建築費にどのくらい予算をかけるかによって、できあがりが大きく変わります。
建築費の相場は、およそ3000万円ほどのようです。
予算を3000万円ほどにすれば、多くの場合希望する家を建てることができます。
一方、予算が2000万円ほどになると、一部の希望は叶えられるものの多くの部分で妥協しなければならなくなります。
様々なものを省いたシンプルな家ならば1000万円ほどでも建てられます。
資金が豊富にある方は、希望通りの家を建てられるでしょう。
しかし、資金が限られている場合は、どこに予算をかけるかが重要です。
土地の購入費との兼ね合いを考えながら、ご自身にあった予算を決めましょう。

□まとめ

以上、注文住宅の予算計画の立て方について解説しました。
せっかく家を建てるのなら、満足のいくものにしたいですよね。
後悔のないように納得のいく予算計画を立てましょう。
当社では、お客様に満足していただける住宅づくりをご提案しています。
ぜひ一度ご相談ください。

ページトップへ