ブログ

注文住宅で後悔しないためのポイントを解説!

「そろそろ家を建てようかな」
「でも高いお金を払ったのに満足できなかったらどうしよう」
近頃、注文住宅を建てたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
注文住宅を建てるには多額の費用がかかります。
せっかく多額の費用を支払うのなら、後悔しないようにしたいですよね。
この記事では、注文住宅で後悔しないためのポイントについて解説します。

□注文住宅の失敗例とポイント

注文住宅を建てた方はいったいどんな後悔をしているのでしょうか。
その後悔から注文住宅を建てる際のポイントも見ていきましょう。

*お金の後悔

お金の後悔として多いのは、「予算内に抑えればよかった」というものです。
家づくりが進むにつれ様々な設備を入れたくなり、予算をオーバーしてしまうことが多いようです。
逆に、予算を気にしすぎて満足できる家にできなかったこともあるようです。
すぐに建て替えられるものではないため、お金をかけるところにはしっかりかけましょう。
自分がこだわりたい部分と妥協できる部分をしっかり見極め、出費をコントロールすることが大切です。

*配線の失敗

必要なところにコンセントが設置されていないため、テレビなどを置きたい場所に置けないという失敗があるようです。
コンセントの数を十分確保し、どこでどんな家電を使うかを考えてコンセントを設置するようにしましょう。

*収納の失敗

収納スペースでの失敗も多いようです。
例えば、「奥行きのある収納を作ったのに手前のスペースが無駄になってしまった」「階段下の収納スペースと棚やカラーボックスの形が合わなくて有効活用できていない」などがあるようです。
収納スペースを確保するだけでなく、何をどこに収納するのかを具体的に考えて、使いやすく設計するようにしましょう。

*空調の効率が悪い

リビングを広く設計したものの、冷暖房が効きにくいことがあるようです。
広いリビングにするなら、引き戸などで仕切りを作れるようにすると良いでしょう。

*プライバシーが気になる

大きな窓をつけて開放的な家にしたものの、外から見えるのが気になることがあるようです。
せっかく大きな窓を取り付けたのに、カーテンを閉めっぱなしにしては意味がありません。
高窓にするなど窓をつける位置を考えて、プライバシーに配慮した設計にしましょう。

□まとめ

以上、注文住宅で後悔しないためのポイントついて解説しました。
せっかく家を建てるのなら、満足のいくものにしたいですよね。
他の方の失敗を参考にしながら後悔しないようにしましょう。
当社では、お客様に満足していただける住宅づくりをご提案しています。
ぜひ一度ご相談ください。

ページトップへ