ブログ

間取りを決めるポイントとは?

「そろそろ新築の購入を考えている」
「注文住宅に興味がある」

このように、注文住宅の購入をお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

家の住みやすさを決める重要なポイントが間取りです。
そこで今回は、注文住宅の間取りを決める際に注意するべきポイントについてご紹介します!

 

□収納スペース

収納スペースは家の中になくてはならないものです。
収納スペースの広さは、収納する物の量や家の広さ、家族の人数によって変わります。
そのため、生活環境に合った収納スペースが必要です。
収納する物にも、よく使用する物からあまり使用しない物までいろいろあります。
使用頻度の高い物と使用頻度の低い物を意識して収納スペースを別に確保することをおすすめします。
また、それぞれの部屋に収納スペースを作るよりも、大きな収納スペースのウォークインクローゼットを作ることで、それぞれの部屋のスペースが広くなります。

 

□水回り

水回りの間取り決めは重要です。
例えば、トイレが寝室に近ければ寝ているときに音が気になってしまします。
水回りはどうしても音がするので、間取りには配慮が必要なのです。
また、水回りはなるべく1つの場所に集めることが大切です。
これは、いろいろな場所に水回りの設備があると配管工事が複雑化するためです。
工事が複雑になればなるほど、工事日程が長くなりコストも高くなっていきます。
1つの場所に集中することでメンテナンスを簡単に行うことができます。
トイレやキッチン、洗面所、お風呂場といった水回りの設備はできるだけ近くに設計することをおすすめします。

 

□窓の配置

窓の配置によっては、風通しや日当たりを左右します。
1つの部屋の中に窓は2つというのが一般的です。
西と東、北と南のように向かい合わせで配置することで、風が通り抜けるので風通しが良くなります。
また、日当たりは周りの家の影響もあるので、日当たりの良い方角に大きめの窓をつけると部屋が明るくなります。

 

□動線の配置

コンセントの配置は、注文住宅では忘れがちポイントです。
欲しいところにコンセントがないと困りますよね。
逆に、使用しないところにコンセントがあっても意味がありません。
間取りを考える際は、どこに家電を置くのか、どこにコンセントがあれば使いやすいのかを意識しながら設計することをおすすめします。
できるだけ手間がかからない快適な生活をするためにはコンセントの配置は重要なポイントなのです。

 

□まとめ

今回は、注文住宅の間取りを決める際に注意すべきポイントについてご紹介しました。
注文住宅を購入するうえで家の間取りは、大事な要素です。
間取りを考えるときは利便性を意識することが必要です。

注文住宅で間取りを考える際は、ぜひ参考にしてみてください。
注文住宅のことについて何かお困りのことがございましたら、一度当社にご相談ください。

ページトップへ