ブログ

新築を購入する際の保険と保証の種類とは?

「新築を購入したら、どんな保険に入らないといけないのだろう」「新築を購入したら、どんな保険に入らないといけないのだろう」「工務店は、アフターサービスとしてどんな保証をしてくれるのだろう」
このように、新築を購入する際に入る保険や保証の種類が知りたい方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、今回の記事では、新築を購入する際の保険と保証の種類について紹介します。

 

□火災保険

火災はもちろんこと、落雷や爆発、風災といった災害での損害費用を補償してくれる保険です。この保険は、住宅を購入する人のほとんどが入ります。例えば当社の場合は、万が一工事の最中に火事が発生した際に保険に入っていれば、火災発生前の状態まで復旧するために必要な費用が補償されます。

 

□損害保険

第三者への賠償や工事中の建物、または資材の補償を行うものです。例えば、工事中に近隣住民の方へ過失があった場合にこの保険が適用されます。また、建物の資材が盗難されたり、外部からの損傷被害を受けたりした際の費用も、この保険に入っていれば補償してもらえます。

 

□地震保険

地震によって建物が損害を受けた際に被害額を補償してくれる保険です。地震による損害は火災保険によって補償されません。したがって、地震の多い日本においては、火災保険に加えて地震保険に入ることもおすすめします。

 

□地盤保証

地盤調査や地盤補修工事が原因で建物や基礎が損壊した際、損壊した建物や地盤の復旧工事を行うことを保証したものです。
当社の場合、施工前に建築予定地の地盤調査を行い地盤改良工事が必要となれば、改良工事を行い、その後10年間の地盤保証を約束します。また、仮に改良工事が必要なくても、10年間の地盤保証を行います。

 

□白あり保証

床下を換気することで土台の腐れを防ぎ、白あり被害を未然に防ぐ工事を約束するものです。
当社の白あり対策工事では、薬剤を使用しないことが特徴の、キソパッキング工法と呼ばれる工事で、人と環境に優しく安全です。そして、地盤保証と同様、こちらも10年間保証いたします。

 

□まとめ

今回の記事では、新築を購入する際の保険と保証の種類を紹介しました。
当社、株式会社アイホームズは鳥取の工務店で、新築住宅の設計・施工の依頼を受け付けております。さらに、当社は施工が終了して引き渡し後、1,3,5,10年の無料定期点検を行わせていただいております。
家づくりの保険や保証について何か分からないことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

ページトップへ