ブログ

吹き抜けのある新築を建てるメリットとデメリットを解説します!

鳥取県で新築住宅の建設を予定していて、吹き抜けを作りたいと考えている方もいると思います。
吹き抜けは、開放感がある空間を作ることが可能です。
開放感溢れる家には憧れますよね。
しかし、良いイメージばっかりを持っていると、後になってから後悔することになってしまいます。
そのため、吹き抜けのメリット・デメリットをしっかりと把握しておく必要があります。

そこで今回は、吹き抜けのある新築住宅を建てるメリット・デメリットについて解説します。

□吹き抜けのメリット

*開放感

吹き抜けのメリットの1番は何と言っても、その「開放感」ですよね。
もし、部屋が狭かったとしても、吹き抜けがあることによって、圧迫感のない部屋にすることができます。
ゆっくりとできるような空間を作りたい方にはとてもおすすめです!

*家族の様子が見えやすい

お子さんやご高齢のご家族をお持ちの方であれば、普段家の中で生活していても家族の様子が気になるという方も多いと思います。
吹き抜けのある家の場合、壁が少ないので家の中で家族の存在を感じやすくなります。
また、何か用事がある時に、声掛けがしやすいのも、壁が少ないことのメリットです。

*採光を取り入れやすい

家を建設する場所によっては、あまり日当たりが良くない場合もあります。
そういった場合でも、吹き抜けのある家では、日差しを効率的に取り入れることができます。
日当たりが良い場所でも、日差しをたくさん取り入れて明るい雰囲気の家にしたいとお考えの方には、吹き抜けを作ることはとても相性がいいはずです!

□吹き抜けのデメリット

メリットがある一方で、デメリットもあります。

*光熱費が高くなる

吹き抜けのデメリットとして光熱費の問題があります。
家の中に吹き抜けを作ると、夏の暑い時期や冬の寒い時期に部屋全体の温度を変えようとすると、かなりのエネルギーが必要になります。
特にリビングであれば、その面積はより広くなりますし、部屋に帰ってきてエアコンのスイッチを付けてもなかなか温度が変わらない可能性もあります。
そのため、夏の暑さ対策、冬の寒さ対策はしっかりと行う必要があります。

*掃除が難しい

 

吹き抜けを作ると、上部にある窓や照明の掃除が難しくなります。
そのため、そういった問題を解決できる案を建設段階で考えておく必要があります。

□まとめ

吹き抜けを新築の自宅に取り入れることは多くの人の憧れですよね。
しかし、吹き抜けにはメリット・デメリットがしっかりと存在します。
ぜひ一度、工務店を訪ねて、吹き抜けについて相談してみてください!

ページトップへ