ブログ

地元の工務店かハウスメーカーどっちを選ぶ?

「新築で家を建てたいけれど、どこにお願いするのがいいの?」
「工務店?ハウスメーカー?」
初めての住まいづくりで、失敗したくないという思いでなかなか一歩が踏み出せていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
地元の工務店に行くべきなのか、ハウスメーカーに行くべきなのか。まずは両者の特徴を知ることが大切です。
そこで今回は、工務店、ハウスメーカーのそれぞれの特徴についてお伝えします。

 

□工務店とハウスメーカーの違い

どちらも正確な定義があるわけではありませんが、一般的には、工務店は地元に特化して業務を行っている会社で、一方でハウスメーカーは、全国的に展開している会社と区別されています。
両社の違いは、一言で表すと「規模感」です。

 

□工務店のメリット

*費用が安い

ハウスメーカに頼んで家を建てる場合、会社の利益と広告宣伝費が費用の約50%を占めると言われています。
そのため、平均的に見て工務店のほうが費用が安く済みます。

 

*自由度が高い

ハウスメーカーの家はどの家にも合う商品が中心なのでお客さまのニーズを細かく聞けません。
しかし、工務店はお客様の要望を聞きながら工事ができるため、自由に家を建てられます。
ご家族やお仕事などのライフスタイルに合わせて住まいづくりを実現できることは魅力の一つですね

 

*住宅ローンが組みやすい

地元で長く続いている工務店なら、銀行からの信頼もあるため、ローンが比較的組みやすいです。

 

□ハウスメーカーのメリット

*工事期間が早い

ハウスメーカーの場合は、自社である程度出来上がっている部品をもっていき、組み立てるため、出来上がるスピードは速いです。

 

*自社オリジナル製品

ハウスメーカーだと自社でオリジナル製品を出しており、家のところどころにブランドの名前が入っています。

 

□安心して任せるなら工務店がおすすめ

よっぽど急いでいなかったり、それぞれのニーズに合わせて安心して建築するなら、工務店をおすすめします。
高い広告費やニーズにこたえてくれない会社を選ぶよりも、多少時間がかかっても自分だけの家をつくりたいですよね。

 

□まとめ

今回は、工務店とハウスメーカーについてお伝えしました。
住まいづくりの第一歩、まずはモデルハウスを訪れてみてその雰囲気を味わってみるのもおすすめです。
当社、株式会社アイホームズではお客様1人1人としっかり向き合って「世界にひとつの家」をつくることを目指しています。
住宅建築をお考えの方は、ぜひ一度、お気軽にご連絡ください。

ページトップへ