ブログ

自然素材の家にするメリット・デメリット|鳥取で家づくりする方必見

「新築を建てる際に、どの素材を使用しようかな」
このようにお悩みの方は多いのではないでしょうか。

素材によって家の雰囲気や住み心地は変わるので、慎重に選びたいですよね。

家の素材として使われるものとして自然素材をご存知ですか。
自然素材とは、自然の素材でつくられた、癒しや安らぎを感じられる素材です。

今回の記事では、自然素材の家にするメリットとデメリットをについて詳しく紹介していきます。

 

□メリット

*無添加なので安全

自然素材なので床や壁、天井に有害物質を含みません。
そのため、アトピー、ぜんそく、化学物質過敏症などのアレルギー疾患に悩まされる赤ちゃんや高齢者の方も安心して暮らせます。

 

*リラックス効果

自然素材の例として無垢材がありますが、無垢材の建物は木の香りに包まれ、心も体もリラックスできます。
また、工業製品にはない暖かみや肌触りの良さも魅力です。

 

*調湿効果

自然素材には調湿効果があります。
調湿効果とは、湿気の吸収と放出を繰り返し、室内を過ごしやすい湿度に調整する効果です。
温暖湿潤気候で湿気の多い国である日本において、自然素材は家づくりの際に非常に適しているのではないでしょうか。

 

□デメリット

 

*劣化しやすい

部屋の乾燥によって反りや曲がりが生じ、素材が割れる可能性が工業製品の素材に比べて高いです。
また、調湿効果で湿度状態を一定の範囲までは調湿できますが、限度を超えると長期間湿潤な状態が続きます。
すると、カビが発生したり、土台や柱が腐ったりしますが、自然素材であればそういった問題が起こりやすいです。

 

*価格が高い

自然素材は比較的に価格が高いです。
なぜなら、自然の素材であり、工業製品のように効率を上げて大量生産するなどして生産コストを下げられないからです。
そのため、全て自然素材にするのではなく、部分的に取り入れることでコストを下げるなどして対処します。

 

□まとめ

今回の記事では、自然素材の家にするメリットとデメリットをご紹介しました。

メリットとしては人体に与える害の少なさ、リラックス効果、調湿効果があります。
デメリットとしては、劣化しやすいことと価格の高さがありました。

また当社、株式会社アイホームズは鳥取市の工務店で、新築住宅の設計・施工の依頼を受け付けております。
資料請求やご相談があれば、是非お気軽にお問い合わせくださいね。

新築の素材選びに関して悩んでいる方にとって今回の記事がお役に立てば幸いです。

ページトップへ