ブログ

鳥取で新築を建てたい!住宅ローン控除って?控除の対象は?

「新築を建てたいけど、お金のやりくりが不安。」
「住宅ローンの控除ってどうやったら受けられるの?」
住宅建設をお考えの方にとって一番気になることは、やはりお金のことですよね。
一括での購入が一番楽ですが、何千万のお金を一度に払うのはなかなか厳しいものです。
そこで今回は、住宅ローン控除の対象や手続き、注意点について、わかりやすくお伝えします。

 

□住宅ローン控除とは

家の購入やリフォーム時に住宅ローンを利用した場合、一定の条件を満たせば、最長10年間は所得税が免除される制度のことです。
具体的な控除の割合は、年末時点のローン残高の1%です。

 

□住宅ローン控除の対象は?

・控除を受ける年の所得が3000万円以下
・新築または購入したマイホームの登記上の床面積が50平方メートル以上
・中古住宅は築20年以下、中古マンションは築25年以下
・ローンの返済期間が10年以上

主に上記の条件を満たさなければなりません。

 

□住宅ローン控除の手続き

住宅ローン控除を受ける上で、購入、入居した年の翌年1月以降に「確定申告」を行うことが必要です。
確定申告書に必要書類を添付し、税務署に提出します。
また、2年目以降は、「年末調整」で期日中に書類を提出し、控除を受けます。

 

□住宅ローン控除を受けるときの注意点

*家を買ったら6カ月以内に住むこと

お仕事やご家族などの関係で6カ月以内に住めない場合、ローン控除の対象外となります。

 

*申請書類はなくさないように

住宅ローン控除を申請するうえで、2年目以降は年末調整をします。
その時に必要な書類は、毎年送られてくるのではなく、最初の年に10年分が一度に送られてきます。
そのため、なくさないように個人で管理が必要です。

 

*期間に気をつける

控除の適用期間中に繰り上げ返済や借り換えをする場合は、残りの住宅ローン控除の年数+10年以上の期間を待つ必要があります。
そうしないと、途中で控除が受けられなくなります。

 

*金額に気をつける

住宅ローンで控除されるのは最大でローン残高の1%です。
繰り上げ返済をした時、所得税が返済額の1%以下になると、控除を受けられなくなることもあります。

 

□まとめ

住宅ローン控除の条件や手続き、注意点についてお分かりいただけましたか。
しっかりと考えてからローンを組むことが大切です。
また、控除を受ける際は、注意点を留意して必要な条件を丁寧に調べて申請することをおすすめします。
今回の記事が、住宅を建てる際の参考にしていただけたら幸いです。

ページトップへ