ブログ

工務店が無垢フローリングのお手入れを解説|鳥取にお住まいの方へ

鳥取で新居の購入を検討されている方はいらっしゃいませんか?
「無垢フローリングにしたいけど、水にぬれたりしても大丈夫なの?」
「無垢フローリングはお手入れが面倒なのでは?」
こんな心配をされる方もいらっしゃるはずです。
そこで、今回は、無垢フローリングのお手入れの方法についてお伝えします。

□無垢フローリングのお手入れ方法

無垢フローリングは塗装の方法によって、お手入れの仕方が異なります。

*浸透性塗料の場合

浸透性塗料は、木の奥深くまで浸透し、木を守るタイプの塗装です。
木の呼吸を妨げないので、木が本来もつ調温機能を十分生かすことができます。
日々のお手入れは、乾拭きや掃除機で十分です。
しかし、年に1度はオイルを塗るようにしてください。
その際の注意点が、オイルをかける前に、必ずゴミを取りのぞくことです。
ゴミが残ったままオイルをかけると、きれいな仕上がりになりません。
また、最後に乾いた雑巾で拭くことも忘れないでください。

*造膜型塗料の場合

ウレタン塗料のように、木の表面に膜をつくるタイプの塗装です。
木の表面を覆ってしまうので、木の素材感は失われてしまいますが、光沢があり、傷や汚れがつきにくいです。
お手入れの仕方は、乾拭きです。
ゴミやほこりは1か所に掃除機で吸い取り、すきまにつまった汚れはつまようじで取るようにしてください。
大掃除をする場合は、よく絞った雑巾で拭いてください。
汚れが落ちない場合は、中性洗剤を含ませた雑巾を使っても良いですが、必ず乾拭きをするように心がけましょう。
また、造膜型塗装の場合、ワックスをかける必要はありません。

□絶対にしてはいけないお手入れ方法

*自動床洗浄機やスチームクリーナー

これらを使用すると、木材の表面が傷つくだけでなく、木が水を含んでフローリングが反る原因になります。
無垢フローリングは、ワックスがけにより十分に品質を保つことができます。
こまめにワックスをかけることで、つやと、色の経年変化を楽しむことができます。

*科学雑巾、モップの使用

これらにはさまざまな薬品がついているため、無垢フローリングに使用すると変色したり、傷む恐れがあります。
製品によっては、無垢フローリングに使用できる、薬品の弱いものもありますが、長時間の使用はお控えください。

□まとめ

今回は、無垢フローリングのお手入れ方法を紹介しました。
紹介した方法を参考に、自然の木の感触と、経年変化を楽しめる無垢フローリングを適切にお手入れしてくださいね!

ページトップへ