ブログ

無垢フローリングの種類について鳥取の工務店が解説

鳥取で新築住宅をお探しの方はいらっしゃいませんか?
住宅を建てる際に悩むポイントとして、フローリングがありますよね。
「無垢フローリングってなに?」
「フローリングにはどんな種類があるの?」
このようにお考えの方もいらっしゃるはずです。
そこで、今回は、無垢フローリングの特徴と、使われる木の種類についてお伝えします。

□そもそも無垢フローリングとは?

フローリングには、無垢と合板の2種類があります。
合板フローリングは、複数のべニヤ板を組み合わせた上に、薄い天然の木材を貼り付けてつくられています。
それに対して、無垢フローリングは天然の木のみを使い、つくられたフローリングです。

□無垢フローリングの特徴

*肌触り

無垢フローリングは、触れたときにあたたかさを感じることができます。
なぜなら、天然の木は空気を含むからです。
そのため、冬に感じるフローリングの冷たさを軽減し、夏にはサラッとした気持ちの良い感触を味わうことができます。

*経年変化

無垢フローリングは100%天然の木であるため、時間がたつにつれて、色合いが変わります。
これは、木材の劣化ではなく、紫外線を受けて、成分が変化することで起こる現象です。
この変化により、長く住んでも、住宅に飽きることなく、変化を楽しみ続けることができます。

□木の種類

無垢フローリングに使われる木の種類を紹介します。

*スギ

スギの特徴は、肌触りが良く、軽くて柔らかいことです。
比較的安価に使用でき、加工もしやすいので、非常に人気です。

*ヒノキ

ヒノキは湿気に強く腐りにくいです。
また、殺菌作用があり、美しい光沢を放っているのが特徴です。
加えて、独特の香りがあり、ストレスを軽減する作用があると言われています。

*カバ桜

カバ桜は、淡いピンクと白っぽい色彩が特徴の木材です。
強くて、衝撃を吸収する性質があるので、フローリングにぴったりです。

*オーク

はっきりした美しい木目があり、落ち着きのある重厚感あふれる色味ですので、高級さを感じさせます。
また、傷つきにくく、耐久性が高いのも利点です。

*メープル

メープルは、非常に硬く、摩耗性が強いため、フローリングの木材に適してします。
その色合いは、柔らかなクリーム色で、住宅に優しい雰囲気を与えてくれます。
さらに、バーズアイという独特の木目があり、エレガントな印象を感じさせます。

□まとめ

今回は、無垢フローリングの特徴と、使われる木の種類をお伝えしました。
ご自身の好きな木目や、好みの雰囲気に合わせて、木を選んでみてくださいね。

ページトップへ